また旅くらぶ:また会いたくなる旅

お問い合わせ

お電話:017-752-6705

また旅ツアー

青森県 津軽

#136 わくわくマルシェ津鉄旅

本州最北端の駅である、津軽鉄道の終着駅「津軽中里駅」。
「駅ナカにぎわい空間」で開催される駅フェス&わくわくマルシェと中里駅周辺のまち歩き、津軽鉄道の旅を元・津軽半島観光アテンダントみっちょんと一緒に楽しみましょう!

実施場所 中泊町
料金 お一人様 2,500円(津軽鉄道往復運賃、ガイド料、入場料、お土産代、お買い物券付き)
開催予定 2022年7月24日(日)

詳細・予約はこちら

#120 津軽こぎん刺しと津軽組子の世界

◆津軽伝統組子館の齋藤正美さん

館内には繊細な組子の作品やねぷた絵、こぎんと掛け合わせた作品が勢ぞろい。盛美園や藤田別邸も手掛けたことのある建具職人さんです。2021年度の「現代の名工」に選ばれました。

◆佐藤陽子こぎん展示館

「こぎん刺し」は古くは江戸時代、厳しい冬に少しでも暖かく過ごせるよう、また、補強のために麻布に麻糸で「刺し子」をしたのが始まりです。まさに。生活の中から生まれた津軽の女性たちの知恵と美の結晶。展示館には、民俗学者・田中忠三郎氏が収穫した膨大な刺し子のコレクションのうち佐藤さんが引き継いだ作品などが展示されています。

◆古津軽の伝承料理
津軽地方の農家は、お米づくりだけではなく、雪に閉ざされる冬の備えとして、野菜・果物・山菜・木の実などを干したり塩漬けや発酵させて保存食もつくっています。古津軽の伝承料理は、雪深い地域ならではの工夫を受け継いできた昔ながらのお母さんの味です。

実施場所 弘前市
料金 お一人様8000円(行程内の貸切バス、入館料、昼食代)
開催予定 2022年9月21日(水)

詳細・予約はこちら

#104 マタギと歩く世界自然遺産白神山地

古津軽「マタギの暮らしと仕事、白神山地を感じる」 西目屋村

白神山地は、人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ林が世界最大級の規模で分布し、この中に多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれていることから1993年(平成5年)12月に日本で最初の世界自然遺産に登録されました。

この白神山地を守ってきたのは、ここで暮らしてきたマタギの存在です。マタギの生き方、自然と共存してきたマタギのお話しを聞きながら白神山地を歩きます。目屋マタギが中心となって設立した「白神マタギ舎」の工藤茂樹さんがご案内します。

昼食は白神山地で自然の恵みを味わう「山のごはん」をご用意します。

実施場所 西目屋村・白神山地
料金 お一人様6,500円 (ガイド料、昼食代(山のごはん))
※アクアグリーンビレッジ ANMON集合
開催予定 2022年9月21日(木)

詳細・予約はこちら

#132 本州最北端の龍飛崎と青函トンネル記念館

デマンド型乗合タクシー「わんタク」で行く
本州最北端の龍飛崎と青函トンネル記念館

※このコースの通常価格はお一人様7,180円ですが、今回特別モニター価格にて提供させていただきます。
※アンケートにご協力いただける方が対象です。
■ 代金に含まれるもの:行程内のJR運賃、入館料、体験坑道乗車券、昼食代、わんタク代
■ 添乗員:同行いたします
■ お食事:昼食1回 浜どころ海「うに丼」 ※メニューが変更となる場合もあります。

実施場所 外ヶ浜町
料金 お一人様 大人(子ども同額)4,680円 
代金に含まれるもの:行程内のJR運賃、入館料、体験坑道乗車券、昼食代、わんタク代 
※このコースの通常価格はお一人様7,180円ですが、今回特別モニター価格にて提供させていただきます。
開催予定 2022年7月9日(土)、10日(日)

詳細・予約はこちら

#133 今別町の郷土芸能「荒馬踊り」を披露!

デマンド型乗合タクシー「わんタク」で行く
今別町の郷土芸能「荒馬踊り」を披露!

※このコースの通常価格はお一人様4,740円ですが、今回特別モニター価格にて提供させていただきます。
※アンケートにご協力いただける方が対象です。

■ 代金に含まれるもの:行程内のJR運賃、入館料、昼食代、わんタク代
■ 添乗員:同行いたします
■ お食事:昼食1回 道の駅内 レストラン「驛」 焼肉定食又はサーモン丼からお選びください。

実施場所 今別町
料金 お一人様 大人(子ども同額)2,740円
代金に含まれるもの:行程内のJR運賃、入館料、昼食代、わんタク代 
※このコースの通常価格はお一人様4,740円ですが、今回特別モニター価格にて提供させていただきます。
開催予定 2022年8月6日(土)、7日(日)

詳細・予約はこちら

« 古い記事