また旅くらぶ:また会いたくなる旅

お問い合わせ

お電話:017-752-6705

また旅ツアー

#126 リモートであなたの行きたい青森へ

時間制限の中で、完全自由で好きなスポットを巡るリモート青森旅をお楽しみください!

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館となっている、行政管理施設等を除きます。

あなたが行きたい青森のスポットを自由に巡る、オーダーメイド型のリモート青森旅です。代理旅行者があなたの代わりに県内各地の希望スポットを旅行し、現地をリモートでご紹介いたします。

<基本要件>
・青森県外在住の方を対象としています。
・申し込み後、あなたが行きたい青森県内のスポット(複数可)をお知らせいただき、事務局と調整の上決定いたします。
・実施・開始時間帯や詳細はご希望をお伺し事務局と調整の上決定いたします。
※リモート旅行時間(=視聴時間)は1~3時間程度(同日であれば時間を分割して別々の場所へ行くことも可)を想定していますがご希望により調整いたします。
※十分な通信環境が確保できない場所(山間部等)については、プランの変更をご提案させて頂く場合がございます。

<お土産の送付>
リモート旅行後(=視聴後)ご応募時の住所へ青森のお土産(約2,000円分)をお送りいたしますので、青森旅行の続きをご自宅でもお楽しみください。
※お土産の指定はできませんが、可能な範囲でリモート旅行時にご希望をお伺いする場合があります。

実施場所 ご希望の青森県内スポット
料金 お一人様 1000円
開催予定 2022年2月~3月

詳細・予約はこちら

#125 世界一の登り窯で 焼き締めの器をつくる

陶芸家とあなたをリモートで繋ぎ「おうち陶芸」。ご自宅でロクロなしでも陶芸体験ができる「おうちで陶芸」キットをお送りします。制作に必要な粘土や道具が一式そろっていて、初心者の方やお子様でも作るコツを学びながら手軽に陶芸を楽しめます。
ご自宅で乾燥させた後、ギネス登録された登り窯で焼成し「世界にひとつの焼き物」としてお手元に届きます。また世界最長の登り窯についてもリモートで解説しながら見学いただくことができます。

※通常皿コース(1点)12,000円、茶盌(1点)23,500円のところ、今回特別モニター価格にて提供させていただきます。

〇焼成時期について
津軽烏城焼では4月と9月の年2回窯焚きをしています。
今回は大登り窯の火入れプロジェクトとなる9月20日の記念イベントとして、世界一の登り窯に皆さんの作品を入れて焼きます。焼き上がりは最長で2023年の新春を予定しています。

青森県黒石市の陶芸家、今井理桂(りけい)さんが、22年かけて築いた103メートルの世界最長登り窯が2019年10月、ギネス世界記録に認定されました。
平安時代の常滑焼に魅せられて26歳で陶芸の道に入り、ほぼ独学で築き上げてきたのが、烏城焼(うじょうやき)です。
釉薬など科学的なものは一切使わず燃料は赤松のみで焚きます。
1300度に達した登り窯の炎と土が織りなす美しい模様と造形が評価され「内閣総理大臣賞」「文部科学大臣賞」など数々の賞を受賞。

 

実施場所 リモート
料金 皿コース(1点)3000円 茶盌(1点)5000円
※通常皿コース(1点)12,000円、茶盌(1点)23,500円のところ、今回特別モニター価格として上記金額にて提供させていただきます。
粘土を烏城焼から発送する送料は参加費に含まれています。
お客様が制作した作品を烏城焼へお送りいただく送料と、焼きあがった作品をお送りする送料は含まれておりません。
開催予定 2/11、12、13、14,16.17、18、19

詳細・予約はこちら

#122 「こぎん」と「組子」体験リモート

古津軽っていいなぁ旅 「津軽こぎん刺しと津軽組子の世界」をリモートでご紹介!

こぎん刺しと組子を選んで参加できます。両方の参加も大歓迎です。

ナビゲーターは「あおもりっていいなぁ」編集長・小畑智恵さんです。津軽の雪景色のように美しい「こぎん刺し」と日本の伝統技法を用いた建具職人の「組子」作品の数々をリモートでつなぎます。美しい手仕事の世界をご覧ください。

お好みの体験を選んでご参加ください!

① 「津軽こぎん刺し」リモート体験(60分)9:30~10:30
「こぎん刺し」は古くは江戸時代、厳しい冬に少しでも暖かく過ごせるよう、また、補強のために麻布に麻糸で「刺し子」をしたのが始まりです。まさに。生活の中から生まれた津軽の女性たちの知恵と美の結晶。佐藤陽子こぎん展示館には、民俗学者・田中忠三郎氏が収集した膨大なこぎん刺しのコレクションのうち佐藤さんが引き継いだ作品などが展示されています。
皆さんのお手元に、こぎん刺しの体験キットを事前にお届けします。実際にわからないところは佐藤陽子さんに教えていただきながら作ります。

② 「津軽伝統組子」リモート体験(60分)11:00~12:00
津軽伝統組子館内には繊細な組子の作品やねぷた絵、こぎんと掛け合わせた作品が勢ぞろい。齋藤正美さんは、盛美園(平川市)や藤田別邸(弘前市)も手掛けたことのある建具職人さんです。2021年度の「現代の名工」に選ばれました。
皆さんのお手元に、組子体験キットを事前にお届けします。実際にわからないところは齋藤正美さんに教えていただきながら作ります。

実施場所 弘前市
料金 ①こぎん刺し1500円、②組子1500円(材料費、入館料)
体験キットを事前にお送りします。
開催予定 2022年1月15日(土)

詳細・予約はこちら

#124 八甲田 樹氷アドベンチャー

冬の絶景!八甲田の山頂へご案内します。

八甲田山のアオモリトドマツの木々に氷と雪がぶつかり大きく成長し、美しく見事な樹氷となって目を楽しませてくれます。別名「スノーモンスター」。この季節でなければ出会えません。ガイドと一緒に樹氷を楽しみながら散策します。

※ロープウェーが運休の場合は、酸ヶ湯温泉周辺のスノーシューウォーキングに変更します。

実施場所 八甲田・酸ヶ湯
料金 お一人様 3,500円(ガイド料、スノーシューセットレンタル料含む)
※ロープウェー代は含まれておりません
開催予定 2月

詳細・予約はこちら

#123 まぼろしの赤い八甲田 宿泊プラン

八甲田山の樹氷が赤く染まる景色を鑑賞する酸ヶ湯温泉宿泊プランです。冬の八甲田はほとんどが吹雪ですが、奇跡的に写真のような絶景に遭遇することもあります。
夕日に照らされて赤く染まった八甲田山系の樹氷は幻といわれるほどのわずかな確率です。天候に左右されますがオーロラのように貴重な体験です。赤い八甲田山を観ることができるかどうかわかりませんが、チャレンジする価値はあると思います。ロープウェーが運休する場合もありますので設定日を3日間設け、ロープウェーの運行時間も午後5時まで延長します。連泊をご希望の方はお電話でお問合せ下さい。

実施場所 八甲田・酸ヶ湯
料金 大人(2名1組)1名14900円~、大人(1名1室)16000円~
酸ヶ湯温泉宿泊料(1泊2食付き)、スノーシューハイキング体験料含む
開催予定 2022年2月4日、2月5日、2月6日

詳細・予約はこちら

#044 超絶ホワイトアウトツアー

極寒クレイジーな超絶ホワイトアウトツアー

極限の寒さと圧倒的な雪、視界を奪う吹雪!!樹氷モンスターが聳え立つ極寒クレイジーな八甲田山でホワイトアウトが体験できます!

【ホワイトアウト体験】吹雪で視界が奪われ数メートル先が見えない。つぼ足で山頂を歩けるか?!

【レスキュー体験】雪崩に遭遇したらどうなる?!ビーコンを操作して雪に埋まった遭難者を探せるか?!

 

 

実施場所 八甲田・酸ヶ湯
料金 お一人様 ¥5000(税込)
※ ガイド料、スノーシューレンタル料が含まれます。
※ロープウェー代別途(往復2000円)
開催予定 随時、5日前までの申し込み(1~5名様)

詳細・予約はこちら

#121 スノーシューハイキング

日本一の豪雪を記録した青森が誇る八甲田酸ヶ湯のふかふかの雪の上を歩いてみませんか。深さ3mを超える雪の上をスノーシューで自由に歩くことができます。ウサギやテンのかわいい足あとを発見したり、雪の上で寝転んだり泳いだり(笑)、ぶな林の雪景色は桜が咲いたように美しい景色です。

酸ヶ湯温泉に宿泊ご希望の方はお問合せ下さい。

実施場所 酸ヶ湯周辺
料金 お一人様 3,500円 
(ガイド料、スノーシューセットレンタル料含む)
開催予定 12月~3月

詳細・予約はこちら

#088 津軽烏城焼見学ツアー

青森県黒石市の陶芸家、今井理桂(りけい)さんが22年かけて築いた103メートルの登り窯が2019年10月、ギネス世界記録に認定されました。平安時代の常滑焼に魅せられて26歳で陶芸の道に入り、ほぼ独学で築き上げてきたのが、烏城焼(うじょうやき)です。釉薬など科学的なものは一切使いません。1,300度に達した登り窯の炎と土が織りなす美しい模様と造形が評価され、「内閣総理大臣賞」「文部科学大臣賞」など数々の賞を受賞しました。

その才能と努力を支えたご家族や作品を後世に残したいと応援する皆さんの熱い想いをご紹介します。世界最長の大登り窯を見学して、茶道美術館の茶室で抹茶と季節の和菓子を味わいながら、津軽烏城焼(つがるうじょうやき)今井理桂さんの作品に触れていただきます。

来年9月20日に、大登り窯の火入れを予定しています。

実施場所 津軽烏城焼
料金 お一人様3000円(施設入館料、ガイド料、抹茶と和菓子付、税込)
開催予定 通年(年末、年始、火曜日は除く)

詳細・予約はこちら

#100 ねぶた師「竹浪比呂央」さんに会う

竹浪比呂央(たけなみ ひろお)さんは、1989年に初の大型ねぶたを制作。ねぶた大賞、第30回NHK東北放送文化賞はじめ受賞多数。東京ドームをはじめブダペスト、ロサンゼルスなど国内外でねぶたを制作。竹浪比呂央ねぶた研究所を主宰し、青森ねぶたの制作を行っています。そのねぶたの前で竹浪比呂央さんから作品を紹介していただく特別企画です。5月~7月までは、ねぶた小屋での制作現場でご紹介できる場合もあります。竹浪さんにご登場いただく場所は、ワ・ラッセまたは制作現場のどちらかになりますので、予約後にお知らせします。

実施場所 ねぶたの家ワ・ラッセおよび青森市内
料金 お一人様15,000円(施設入館料、ねぶた師講演料、ガイド料)
開催予定 通年(ねぶた祭期間及び年末年始を除く)

詳細・予約はこちら

#096 津軽烏城焼で器を作る

青森県黒石市のりんご園に世界最長103mの登り窯をつくり、釉薬を一切使わず、自然釉にこだわり続ける陶工「今井理桂」。何故そこまで長い窯を作り続けてきたのか。47年間の今井理桂のこだわりを深掘りします。「花禅の庄」は、野に咲く花の様なやさしさと、畳のぬくもりのある温かい宿です。お食事は「津軽烏城焼」の器でご用意します。来年予定している大登り窯の火入れの年、今井理桂の作品と大登り窯の全貌をお見せします!

そしてご自分の器をつくります。

実施場所 黒石市
料金 お一人様
青森発着 47,000円
黒石発着 43,300円
開催予定 随時受付

詳細・予約はこちら

#047 青森ねぶた熱狂体験

いつでも青森ねぶたを体験できます。

・ねぶた衣装に着替えて「おまつり体験」撮影付き

・ねぶたで使われた和紙で作る「ライト制作体験」

・ねぶたの國たか久で夕食&ねぶた囃子を堪能

プロのカメラマンがおまつり体験を撮影します。

実施場所 青森市
料金 お一人様 29,800円(ガイド、ねぶた衣装レンタル、入館料、写真撮影、制作体験、
タクシー(施設間移動)代、夕食(2時間飲み放題付き)が含まれます。)
開催予定 通年(祭り期間および年末年始を除く)

詳細・予約はこちら

#028 赤~いりんごで染物体験

赤~いりんご(品種名:御所川原)は、花や葉っぱ、果肉も赤い五所川原の特産品です。

この赤いりんごの果実で染めたオリジナルのハンカチを作りましょう♪

実施場所 (株)NCアパレル・五所川原市
料金 お一人様 2,000円 (体験料)
開催予定 随時、7日前までの申し込み(10名様~)

詳細・予約はこちら

#026 農家のくらし体験@五所川原

農家さんのお家に泊まって旬のごちそうをいただきます♪

農家さんのお宅では、リンゴやお米、野菜を作ったり、花き栽培や加工品を作っています。どの農家さんも、自分の作った野菜や果物が一番旨いと胸を張ります。そして、一番美味しい食べ方を知っています。

農家さんのお宅に泊まって、農家の暮らしをちょっとだけ体験して、津軽のぜいたくを味わえます(^^)/

実施場所 五所川原市
料金 お一人様 8,000円(夕食、朝食付き)
開催予定 随時、3日前までの申し込み(2名様~)

詳細・予約はこちら

#011 青森の郷土料理を作って食べる

五所川原市の農家民宿「須恵器の里 清久」は、りんご農家を営み、畑で育てた野菜や梵珠山の麓で採れる山菜などを用いた家庭料理で、津軽の田舎暮らしを体験できる場所。そして、親戚の家に遊びに来たように迎えてくれる斉藤夫妻の人柄が一番の魅力です。4名様以上なら食事を作って食べる「絵巻寿司づくり」も体験できます。

実施場所 農家民泊 須恵器の里清久
料金 お一人様 3,000円
開催予定 随時、3日前までの申し込み(4名様~)

詳細・予約はこちら