また旅くらぶ:”あおもり”ご当地ツアー

お問い合わせ

お電話:017-752-6705

また旅ツアー

日帰り

#095 あおもり藍お花見ツアー

■ ツアーのポイント

消臭・抗菌効果が注目され、あおもり藍期待がますます高まっています!昔から身体を守るために用いられてきた「藍」の力をご紹介します!

ハンカチを藍染体験、藍を使ったランチ、藍のお花見、藍の刈り取り、藍のスイーツ・・・と藍づくしの1日をお過ごしください。

明治三十年代頃までは【藍】の栽培が盛んだった青森の藍染めの始まりは、海路・北前船で徳島の藍が入るようになった頃と言われています。藍染めされた布は野良着として親しまれ、農村の女性達が「こぎん刺し」を刺繍するようになり、今でも伝統文化として受け継がれています。雪深い青森は、【藍】を育てる環境としてハンデが多く、衰退の一途をたどりました。あおもり藍の復活のきっかけは、美しい藍の花。ピンク色の美しい花畑に魅了された吉田理事長は「休耕田を活用して藍を植えれば景観も美しく、藍を活用したビジネスを興せるのでは」と「あおもり藍産業協同組合」を設立しました。あおもり藍のお花見をして、これからの未来を語りましょう。

実施場所 青森市
料金 お一人様 7,150円 (貸切バス、藍染体験料、昼食代、藍商品の試食税込)
開催予定 2020年11月1日(日)

詳細・予約はこちら

#094 宮越家離れ・庭園ものがたり

国内ステンドグラス作家の草分け的存在・小川三知(さんち)(1867~1928年)の「最高傑作」と評価される作品3点が残る中泊町「宮越邸」を訪ねます。9代目当主正治が妻イハのために瀟洒な離れ「詩夢庵」と「静川園」を作りました。「詩夢庵」の3ヶ所の窓の装飾は大正期の作品です。同家の保存・活用方法を話し合ってきた町の検討委員会の今井二三夫(弘前文化財保存技術協会 代表理事)委員長に車中で解説していただきながら宮越家ゆかりの地を巡ります。

実施場所 中泊町・五所川原市
料金 お一人様 9,100円 
(貸切バス、鉄道運賃、宮越邸入館料、博物館入館料、人形劇観覧料、ガイド料、昼食代)
開催予定 2020年11月5日(木)

詳細・予約はこちら

#093 函館マニアックツアー

<今まで知らなかった函館のマニアなお話しが聞けるチャンスです。>

昭和レトロな貸切路面電車に乗って、函館マグ女・マダム綾子とGRAHABIPの専門家がご案内する「函館コンクリート遺産」の世界を紐解くツアーです。

函館は1859年、日本で初の国際貿易港として開港しました。当時、海外から流入した最新技術のひとつが「コンクリート技術」です。街の発展による人口急増に対応するため、また、大火が多い街の防災のため、波に強い港の整備のために・・・先人たちはコンクリートを活用し、函館の街づくりに取り組みました。
コンクリート遺産の価値や魅力を発信する団体「函館湾岸価値創造プロジェクト(GRAHABIP)」から、専門家をお招きしてのプログラムです。この秋、何か新しい発見をしたい方はぜひご参加を。

※路面電車の写真はイメージです。車両が変更になる可能性があります。

実施場所 函館市内
料金 お支払い実額(お一人様)6,500円 (貸切路面電車運賃、ガイド料、昼食代)
※GoToトラベル対象商品です。※函館駅までの交通費は含まれません。
開催予定 2020年10月18日(日)

詳細・予約はこちら

#048 イルカいないかツアー

■ ツアーのポイント

☆ 陸奥湾を回遊するカマイルカは、多い時には300頭を超える大群をフェリー船上からウォッチング!

☆ イルカを調査研究している青森大学の清川教授に同行していただき、詳しく教えていただきます。

☆ 浅虫水族館では、津軽三味線や笛の音色に合わせたイルカたちのジャンプパフォーマンス!

☆ 浅虫水族館見学後、清川教授がチャーターするイルカ調査船に先着8名様をご招待!

実施場所 青森市
料金 大人9,000円(中学生以上)
小人6,000円(小学生)
※行程内の交通機関、施設入館料、昼食代、ガイド料が含まれます。
開催予定 2019年6月1日(土)

詳細・予約はこちら

#064 桜流鏑馬と雪の回廊めぐり

「桜やぶさめ」は毎年4月青森県十和田市で行われている女性限定の大会です。桜並木の下を華麗な乙女たちが次々に疾走していく光景にお客さんはクギ付けです!

実施場所 十和田市
料金 お一人様 日帰り 9,500円、酸ヶ湯温泉1泊2食付き 21,000円(1名様1室の場合は+1080円になります)
代金に含まれるもの(行程内の貸切バス、桜弁当、有料観覧席、乗馬体験、レザークラフト体験、公式オリジナルグッズ代)
開催予定 2019年4月20日(土)

詳細・予約はこちら

#061 スノーシューウォークin赤沼

「赤沼」は、八甲田山の南山麓に位置し、蔦七沼の一つです。

厳冬期のこの時期は氷結していて、その上を歩いて渡ることができます。

さあ!神秘の沼へ!ネイチャーガイドがご案内します!

実施場所 赤沼
料金 お一人様 9,500円 (ガイド料、貸切バス代含む)
※昼食代は含まれておりません。
開催予定 2019年3月2日(土)

詳細・予約はこちら


Warning: Use of undefined constant tour - assumed 'tour' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/matatabi-club/www/matatabi/wp/wp-content/themes/matatabi/taxonomy-tourcat.php on line 19