また旅くらぶ:また会いたくなる旅

お問い合わせ

お電話:017-752-6705

#309 アート×3匹の犬と11ぴきのねこ×ひまわり

十和田市アート広場の「3匹の犬」と三戸町の「11ぴきのねこ」を探しながらガイド付きで街歩き。
三戸大神宮では青森市のステンドグラス作家・髙橋優子さん作の大型ステンドグラスを鑑賞。
山の楽校のひまわり畑も楽しみます。

ツアーのポイント

十和田市アート広場

アート広場の一角にある草間彌生さんの屋外彫刻作品「愛はとこしえ十和田でうたう」。
そこにはリンリン、ケン、トコトンという3匹の犬が立っています。
犬やキノコに囲まれた十和田のハナコちゃんは楽しげに歌っているかのようで、
力強く明るいエネルギーを感じられます。

 

さんのへ街歩き「11ぴきのねこ」

三戸町出身の漫画家・絵本作家の馬場のぼるさんの人気作品、
「11ぴきのねこ」たちが町のいたるところにいて、
自由気ままに遊びまわっているそうです。

 

三戸大神宮

三戸大神宮は天照大御神を祭神とする400年の歴史を持つ神社で、
地域では「神明さま」「東北のお伊勢様」として親しまれてきました。
参道の灯籠や拝殿には日本の伝統文様を取り入れたステンドグラスが用いられ、
神社の持つ幻想的な雰囲気との調和が美しいです。
拝殿正面の大型ステンドグラスは、青森市のステンドグラス作家・髙橋優子さんの作品「神樂(うたげ)」です。

 

山の学校 農家レストラン

平成14年度に閉校した旧増田小中学校の校舎をそのまま使い、
「南郷の文化や暮らしを、思い出の校舎と共に未来へ残したい」、
そんな地元の人の熱い想いによって平成17年6月に山の楽校は誕生しました。
焼畑農法「あらきおこし」の5年目、最後の年に蕎麦の種を蒔くなど、
昔ながらの知恵によって育てられた蕎麦を食べる事ができます。
楽校の裏手にあるひまわり畑では毎年8月下旬頃になると、
200万本以上のひまわりが咲き誇る印象的な光景を見ることができます。

 

※写真は全てイメージです。
その他のアートツアー
◆アート×宮越家ステンドグラス
◆アート×白神山地×マタギ
◆アート×奥入瀬渓流×ルピナス
◆アート×弘前の建築
◆アート×津軽烏城焼×田んぼアート
◆アート×種差海岸×WHARF TANECHI
◆アート×OTTABIO×KOYA

詳細情報

商品番号 309
開催日 2024年8月24日(土)
開催時間 9:40~17:30
参加費 お一人様 10,000円 (貸切バス、ガイド料、昼食代、添乗料、税込)
集合場所 八戸駅09:40
会場・実施場所 十和田市、三戸町、八戸市
当日の服装
定員(最小/最大) 15名/20名

スケジュール

青い森鉄道 07:52青森駅 ⇒ 09:26八戸駅
09:40 八戸駅 出発
10:30 十和田市現代美術館・アート広場
12:50 山の楽校(昼食・ひまわり鑑賞)
14:50 三戸町役場(トイレ休憩)
15:00 街歩きスタート
16:30 三戸中央公民館(トイレ休憩)
17:30 八戸駅 解散
青い森鉄道 17:58八戸駅 ⇒ 19:41青森駅

注意事項

※美術館の入館料は旅行代金に含まれておりません。
各館の会員または、AOMORI GOKAN アート フェス 2024公式ガイドブック(1300円)をお買い求めいただくと入館料の割引特典がございます。

キャンセル条件について

•開催日の10日前~8日前でのキャンセルにつき20%
•開催日の 7日前~2日前でのキャンセルにつき30%
•開催日の前日のキャンセルにつき40%
•開催日の当日のキャンセルにつき50%
•旅行開始後又は無連絡不参加の場合100%

ご予約

WEB予約はこちら

 

«