また旅くらぶ:また会いたくなる旅

お問い合わせ

お電話:017-752-6705

#141 豊かな農家暮らしを体験する旅

平川市の豊かな暮らしを体験できるツアーを企画しました。りんごの収穫や庭師体験、日本一のりんごを使ったフレッシュシードルの試飲、フォトジェニックな絶景スポット巡りなどなど、盛りだくさんな内容になっています。とくに、津軽弁でのおしゃべりが止まらない農家さんとの時間は、きっと忘れられない思い出になるはず。一緒に心温まる旅をしませんか?

■ ツアーのポイント
① 百姓一筋・木村さんのお話と最高級りんご収穫体験
平川市のりんごは、青森県りんご品評会の「農林水産大臣賞」を連続受賞している、言わば「日本一のりんご」です。りんご王国青森県の中でも特に品質のよいりんごが育つ理由はどこにあるのか?そして、この地域の農家が豊かに暮らせる理由は一体なんなのか?百姓一筋でりんごと桃を育てる木村俊雄さんのお話から紐解いていきましょう。お話のあとはいよいよ「日本一のりんご」の収穫体験!わくわくする旅のスタートです。
② 農家民泊、温泉体験
農家宅に宿泊し、食事や団らんを通して”農家暮らし”を体験します。シャイだけど人懐っこい平川の人たちとの触れ合いは、きっと特別な思い出になるはず。本場の津軽弁のヒアリングにも挑戦してみてくださいね。
また、市内にある人気の温泉施設での入浴体験もご用意しています。心も身体もぽかぽかに温まる時間をお過ごしください。
③ 盛美園見学
盛美園は、明治35年から9か年かけて作庭された日本庭園です。武学流の真髄を示した名園といわれ、京都の無隣庵、青風荘と共に明治時代の三名園に数えられています。園内にはスタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」の参考になったといわれる、和洋折衷の建物「盛美館」もあります。晴れた日には、池の水面に映る“逆さ盛美館“が見られるかも。
④ 庭師体験
盛美園に象徴されるように、平川市の旧尾上地区は造園業がさかんです。これは、盛美園作庭の際、当時凶作に苦しんでいた農家に庭作りを手伝ってもらうことで日当を払い、生活の救済にも寄与していたことがはじまりなのだそう。その技術を引き継いだプロの庭師を講師に迎え、実際に剪定してみるなどの庭師体験を楽しんでいただきます。
⑤ 農家の蔵と庭園巡り
平川市金屋地区には、農家の富の象徴と言える土蔵が約80棟群立し、その半数が国の登録有形文化財に指定されています。また「つぼ」と呼ばれる農家庭園は、一般家庭とは思えないほど見事なものばかり。普段は立ち入ることができない蔵と庭園が調和した美しい景観を、ガイドの解説付きでご案内します。

2022.11.05平川市モニターツアーチラシ

詳細情報

商品番号 141
開催日 2022年11月5日(土)~11月6日(日)
開催時間 11:00~14:30
参加費 無料 ※交通費助成あり
(ただし、ご自宅~集合場所(JR新青森駅)までの往復交通費は上限額万円まで助成いたします。2万円を超えた部分については自己負担となります。)
集合場所 JR新青森駅 東口   
会場・実施場所 平川市
当日の服装 動きやすい服装
定員(最小/最大) 4名/10名

スケジュール

11/5

(土)

11:00新青森駅===昼食===きむら果樹園「百姓一筋・木村さんのお話と最高級りんご収穫体験」===「豊かな農家の象徴である蔵と美しい庭園巡り」・・・・・・入村式(受け入れ農家とご対面) 各農家が参加者を自宅へ案内、各家庭で「農家ぐらし体験」、近隣の温泉へ、夕食と団らん農家民泊

11/6

(日)

8:30出発===「あなたにもできる庭師体験」===「国指定名勝 盛美園(日本庭園)をガイド付きで見学」・・・「四季の蔵 おもてなしロマン館」(産直施設)でお買い物===「日本一のりんごで作るシードル(クレイジーサイダー)工場見学(試飲あり)」・・・・昼食「津軽おのえ温泉日帰り宿 福家/ツアーの感想===14:30新青森駅 解散

注意事項

■参加条件
(1)青森県外にお住いの方
(2)ツアー終了後、アンケートにご協力をいただける方
(3)ツアーの様子をSNSで情報発信できる方
(4)今後の広報用の動画及び画像の撮影や、各人が撮影される動画への映り込みがあった際、ご容赦いただける方
(5)コロナ感染症対策にご協力をいただける方
(6)新型コロナワクチンを3回接種済みであること

ご予約

定員に達しましたので受付を終了いたします。たくさんのご応募誠にありがとうございました。

« »